FC2ブログ
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
記事
最近の記事。
 
先日のあおり運転の容疑者が逮捕されましたね。
とんでもない奴でした。
しかし、あおりは良くないですが、
煽られる方にも問題がありますよね。
強引に合流する、
片側二車線以上の道路で、追い越し車線をトロトロと走る、
片側一車線でも後ろに渋滞を作りながら、ゆっくり走行する、
スマホを見ているのか、なかなか発車しない等々。
特に、「速度制限を守っているのに何が悪い」とばかりに、
周りの流れに逆らい、ゆっくり走る車には、パッシングをしたくなります。

それと韓国。
とんでもないとこの件も思いますが、
新聞やネット記事を読んでいると、
本当に朝日新聞と言うのは、日本の新聞社なのか?
中日や毎日新聞は、在日朝鮮人が経営に絡んでいるのか?
そう思ってしまう程、こちらの方が不思議です。
中日新聞勤務の同級生に聞いてみたいものです。
スポンサーサイト



驚きました
日曜日は選挙結果にビックリ!。
何と高校の同級生が福井県知事に。
開店当時に何十年振りに地元に住んでいる高校の同級生が来て、
杉本が総務省から出向で福井県の副知事であることは、
聞いていましたが、
まさか全国に47人しかいない知事になるとは。
中津川から通っていて、東大に進学したことは、覚えていましたが、
タイプが全く違うので、特に親しい訳でもなく、
記憶からは消えていました。
でも、何でしょう。
同級生だから嬉しいとか誇らしいとかと言う感情は、
今は交流がないので、流石に思わないけれども、
何か不思議な感じ。
でも目出たいね。頑張って欲しい。
驚き!
先週の月曜の日経新聞。
読んでいると何と姪っ子の写真が大きく出ている!
「麻子の写真が出ている」と大きな声を出してしまいました。
最近は女性の働き方の記事が多くなって来ましたが、
サンフランシスコ在住の姪っ子にどのようにアプローチしたのか?
JPモルガンの本社か東京支店からでしょうか。
取り敢えず嬉しくて新聞を切り抜いてしまいました。
そう言えば若かりし頃、私の名前がフィナンシャルタイムズの人事欄にちょっとだけ名前が載った時に
その新聞を実家に郵送したら父親は切り抜いて保存していたようですが、
その気持ち、本当に分かります。
赤ちゃんの時に飛行機飛行機と遊んでいた姪っ子も
ちょっとだけおばちゃんになって来たなぁ(失礼!)。
そういう叔父はもう初老だろうって。。。
手を洗う
驚きました。
インターネットから抜粋。
『Q.小便のあとの手洗い、どうしていますか?
せっけんで洗う......39.0%(男性30.7%:女性44.6%)
水だけで洗う......57.2%(男性63.8%:女性52.8%)
洗わない、または水でちょっと流す......3.8%(男性5.5%:女性2.6%)

Q.大便のあとの手洗い、どうしていますか?
せっけんで洗う......62.4%(男性59.8%:女性64.0%)
水だけで洗う......34.7%(男性34.7%:女性34.7%)
洗わない、または水でちょっと流す......3.0%(男性5.5%:女性1.3%)

アンケート:フレッシャーズ調べ(20代、30代の社会人男女502名)』

本当に驚きです。
3~5%の人が手を全く洗わないなんて。
調べると他のデータでは、15%の人が手を洗わないとも。
先進国以外で著しく洗わない人が多い。
中国人は男女平均で35人に一人しか手を洗わない(驚愕!)そうです。
確かに当フロアーのトイレでも洗わない人を時々見掛けます。
時には個室から出ても手を洗わない人も!
飲食店従事者でも洗わない人がいます。
または、濡らすだけの人も。。。
せめて飲食店関係の方はちゃんと洗って欲しいですね。

因みに弊店では大小関わらず石鹸で手を洗い、
除菌アルコールも頻繁に使用していますのでご安心を!

第二の人生、蕎麦屋
「人生の楽園」と言う番組で定年後に趣味が高じて手打ち蕎麦屋になった方の放送をしていましたね。
毎回見ている訳ではないですが、「蕎麦」と言う文字をテレビ欄で見つけるとついつい予約してしまいます。
手打蕎麦屋は50歳以上の脱サラや定年後の第二の人生で営み始める方が非常に多い職業です。
何故かと言うと現役時の年代で開始するにはあまりにも収入が少ないから。
季節要因も大きく、冬は客数が減少しますし、
繁華街なら兎も角、夜はお客さんが来ない。
蕎麦を打つのも大変で、前述の方は、午前2時に起きて1.5kgを二回打ち、
その後、仕込をするとのこと。頭が下がります。
弊店もI何とかお酒を出しながら続けていますが、
KKOに高い家賃を払わないといけないし、
蕎麦屋で一杯と言う文化も名古屋にはな無いからギリギリの経営です。
名古屋にも若い年代の手打蕎麦屋や数件ありますが、
続けていることには心から感心します。
日本は外食が飽和状態で、
他の先進国に比べて単価も低いので、
余程の覚悟と経済的環境が無ければ本当に難しい。
因果な商売です。

Copyright © 2019 花がたみ. all rights reserved.