スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東区「とう松」さん
先日、東区の19号線沿いにある「手打ちそば とう松」さんにお邪魔しました。
06~10年に名古屋で金融機関/上場法人のカバレッジ/リレーショナルマネージャーをしていた時に
良くランチに訪問していた店です。
今回は初めての夜の時間帯です。

注文したのは、
九平次1合(900円はリーズナブル)、
名古屋コーチン玉子焼き(500円)、
それにおろしうどんに十割蕎麦。
以前は必ず玄そばと吟そばを各一枚食していましたが、
二種類増えていたので、それらを注文しました。

うどんは細打ちで量は少な目ですが、
腰が有って美味しかったですね。
そして十割は、どこかで食べたことのある食感。
三日程思い出すのに時間が掛かりましたが、
15年ほど前にお邪魔していた富山の「達磨」さんと同じ食感の美味しい蕎麦でした。
付け汁は甘めの名古屋風ですが、
修行された「春風荘」よりは甘くないですね。

この仕事を始めてから
同業の方の店に行くとついつい経営的側面、
つまり原価とか人件費とかを考えてしまい、
存分に楽しむことが出来なくなりつつありますが、
今回は堪能しました。
やはり「とう松」さんは、お勧めの蕎麦屋ですね。

スポンサーサイト
元気を与える
東日本の時もそうでしたが、
先月からの熊本の地震でも
特に芸能人やスポーツ関係者がよくコメントする言葉の
「被災者の方に元気/勇気を与えたい」。
皆さん違和感有りませんか?
鼻に付きませんか?
しかも大体このコメントの主は、
10代や20代の若者が多いですね。
人生経験/実績のある年配の方ならいざ知らず、
まだまだ社会の中では子供と言えるちょっとばかし有名になったジャリタレやプロ選手が、
与える、与えたいって今時の言葉で言えば「上から目線」でコメント。
何か嫌悪感を抱きます。
そう思いませんか?
「食ベログ」とやらせ③
2月4日の続きですが、
食ベログ(㈱カカクコム)は、食ベログにやらせは一切無いとのコメントを出しています。
その理由は、日経トレンディに掲載されていましたが、
『カカクコムには、食べログの投稿チェックを手がける数十人単位のチームが存在しており、「不正が疑われる投稿を目視で発見している」(カカクコム)という』そうです。
でも、しかし、そもそも、前回述べましたが、
食ベログ(㈱カカクコム)自体がやらせ、
つまりお金を払えば、投稿に対して拒否等の選択権が付与されるので、
そのコメント自体が荒唐無稽で議論をしても仕方が無いでしょう。

まあ、これも先に述べましたが、
食ベログはあくまでも民間の営利企業なので、
S&PやMoody'sがやっているように(食ベログはそんなレベルでは無いですが)、
勝手格付けも致し方ないですね。
それもあって実名投稿のRettyの方が、信憑性が高いと思われ、
このところ利用者数が大幅に増加しているのでしょう
Copyright © 2018 花がたみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。