スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もありがとうございました
本日30日で本年の営業は終了いたしました。
エッ、年越しそばはやらないのかって?
1年目に営業しましたが、
55食も張り切って用意したのに、
昼は5人(内3人は知人、一人は常連客)、夜は12人で、
3分の2を廃棄することに(泣)。
店の知名度も低いし、
年越しそばの文化もそれ程でもないので、
以後、止めることにしました。

それでは、
来年もいろいろなお酒を取り揃えたいと思いますので、
引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆様、良いお年をお迎えください
スポンサーサイト
富山/岩瀬、手打ちそば「丹生庵」
今や富山県でNo.1の人気を誇り
メディアでもたびたび取り上げられる名店「丹生庵」店主志甫さんから
19日にメールが有り、
7月に入院、
今は自宅療養中ですが、
蕎麦店はドクターストップで閉店されたとの報告が有りました。
昔は稲荷元町のアピアの横のスナックか喫茶店のような店の居抜きで始め、
満寿泉の枡田酒造の社長に見初められて、
北前船の寄港地で北前船廻船問屋が立ち並んでいた歴史のある岩瀬に移転し、
現在の地位を確立してきただけに、
本当に残念です。
昨年GWにお邪魔した際に、
蕎麦屋になったと報告したら、
「相談してくれたら絶対止める様に説得したのに(笑)」
と言いながら(多分)喜んでくれました。
この店のメニューは、
もりそばの二八と十割、そしておろしそばの3種で、
かけそばすら無い思い切ったもので、
私の理想の店でした。
本当に残念です。
メールの返信をしなければいけないですが、
何と言って返信すればいいのか、
忖度すれば、陳腐な慰めの言葉などは掛けたくないですし・・・
それにしても快復したら是非、後進の指導とか蕎麦打ち関係の仕事に復帰して欲しいですね。
お待ちしております
九平次
しかし、どうしてこんなに「九平次」は手に入りにくいのでしょう。
まぁ人気があるからでしょうが、
11月12月と何処にも無い状況ですね。
獺祭も同様です。
何とか名古屋の地酒でもあるので、
常にお出ししたいのですが・・・。
因みに今月は入荷出来ましたので、
ご用意しています。
ただ、グラスで900円と高価になってしまいますが、
懐の豊かな時、
若しくは酔っぱらって気が大きくなった時にご注文下さい。

来福初しぼり
「来福 純米生酒 初しぼり」
入荷しました。
『初めて口にした印象は、予想をいい方向に裏切るような軽快で淡麗なみずみずしい風味、梨のような爽やかな香りが広がります。 その後、しぼりたてらしい新酒のかすかなほろ苦さが、余計に新鮮さとジューシーさを増幅させて喉元を過ぎていきます。 とても酒質は若いのですが、単純にこれは美味しいです。 来福のボリューム感溢れる熟成酒とはひと味一線を画したかのような純米酒ですが、本当にこの値段でいいのかな、と心配にも思うようなお酒です』
とのコメントが副えられていました。

テレビで放映されていた
「SAKE COMPETITION 2016」
でも来福酒造さんは受賞されていました。
茨城の超人気地酒のようです。
是非、ご賞味ください
若葉新酒
昨日、若葉の伊藤社長が、
「純米しぼりたて生酒」を持参して来ました。
「瑞々しさ、柔らかさ、 微妙な酸が一体となり爽やかな味わい」で、
昨年も好評だったこのお酒、
是非ご賞味ください。
Copyright © 2018 花がたみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。